女性の魅力は計算!

子育てでひと段落したお母さんや、親元にいらっしゃる独身貴族の皆様。きっとこの中には、現在働きたいと思っているが扶養内で働くべきか出るべきか悩んでしまう人も少なくないのではないでしょうか?

まず、旦那さんの扶養に入っている上で旦那さんが配偶者控除を受ける事が出来るのは、配偶者(つまり奥さん)の給料が年間103万円以下のときです。要は年収103万円以下の給料に抑えておけば、旦那さんの所得税が増えないんです。しかし、この103万円というのは、給与所得控除(65万円)と基礎控除(38万円)を足したもの。しかも、自営などの場合は、給与所得控除がなく、基礎控除分(38万円)しか働いてはいけないのです。もちろん、そんなで生活やっていけるか!という方も少なくないはず。そういった場合、逆に自分で年金や社会保険を払わなくてはならない上限額130万円以上稼いだ方がお得になるといいます。つまり、働いていて103万円以上130万円以下が一番損を受ける収入額という事です。

ちなみに、子供を保育所に入れる場合などにも、この収入や所得税というのはその入園額を大きく左右させてしまいます。例えば、年収120万などと収入が少ないのに中途半端に多いと見なされて額を引き上げられてしまうんです。

こういった所得税などの話で悩んでしまった場合には、税務署や税理士に相談すると色々教えてくれます。少しでも損をしないよう勉強をした方がいいかもしれません。

「女性のための税金のはなし」など、税務署で無料セミナーを受けたことがあります。女性の魅力は計算!といいますが、あれは駆け引きの計算だけでなくお金の計算も含まれているんです。計算に強い女性は、家庭を助け自分も守ることができます。女性のみなさん、計算に強くなりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です