地道に働く賢さに気付いた

転職して思ったこと。

現在ある求人の中で、社会保険などが整備された将来性のある企業へと就職できる可能性のあるのは、20代のうちだけです。既に、30代になるときちんと社会保険などが整備された企業へと転職することは、かなり厳しくなり、40を過ぎると次は働ける職場が限られてきて、次第に生活をすることさえ難しくなってきます。賢くお金を貯めながら仕事を続けていけるのが、一番理想ですよね。(参考になりそうなサイトがありました。こちら

20代と言っても、今は大学を卒業してから社会人になるケースが多く、新社会人になってから30になるまではあっという間に過ぎてしまいます。これから10年先の事を予想することは難しいですが、少子化により今の雇用状況が改善されて働き手が有利な社会へと変わっていれば良いのですが、いずれにしても、現在は20代のうちにしっかりと定職につくことが大切だと考えます。

特に20代で派遣社員として働く方が現在は多くいますが、まだ定職の可能性のあるのに派遣社員として働くことは勿体無い。派遣は将来目標が立てづらくとても不安定です。登録型の派遣では給料が週払いなどが多く、当面の生活資金を稼ぐ上でとても便利ですが、その習慣になれてしまい、月給製の会社に即座に対応できない事象が生じます。派遣社員の中には、真面目で才能のある方もたくさんいますが派遣生活から抜け出せずいる人が多い。一番障害となっているのは当面の預金がなく派遣切りにおびえていることです。

現在、男女を問わない、年齢を問わない、未経験者歓迎の求人があります。働きやすいのですが収入は低いまま。さらに、正社員があっても営業系ばかりで自分がやりたい仕事がみつかりません。

つらいことがあっても、悔しいことがあっても、永年勤務している方を見ると本当に頭が下がります。賢い働き方ってこのことなんだなと反省しています。地道に自分の仕事を取り組んでみたいと思いました。長く働けばスキルが身に付き、給与も上がります。嫌なことはいつかきっと時間と共に去っていくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です